ポイントは、スピードメーターの数字が実際の速度よりも速く表示されることである。 言い換えれば、“ メーターが示すほど実際の速度は出ていない ”ことになるが、これはやはり、安全を考慮してのことだと思う。 仮に、メーター表示よりも実際の走行速度が速いとなれば、知らぬ間に速� 【スピードメーターの誤差はなぜあるのか?】速度が高めに設定されている理由 クルマを運転しているときにみるスピードメーターの数値は正しいのかと感じたことありませんか?

純正タイヤサイズ(基本サイズ)と変更したいタイヤサイズを入力すると、 両方の外径を計算 し、 スピードメーターの誤差の計算する 計算機です。 スピードメーターの誤差範囲は、法律的にも規定があります。 けれど、この許容誤差範囲は、かなりでかいんです。 『道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の第148条』に規定があり、それは、 ≪平成19年1月1日以降に制作された自動車≫ 10(V1-6)/11 ≦ V2 ≦ (100/94)V1 .

フィットに乗ってます。純正タイヤが14インチで18インチにインチアップすると外径が約25mm違います。スピードメーターは何キロ誤差が出るでしょうか?詳しい方教えて下さい。あと車検は40キロ出した時の10%まで大丈夫ということなの

スピードメーターの表示と、実際の速度の「誤差」は法規で規定されています。 「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示第148条」で、スピードメーターの誤差範囲は、次の数式で定められています。 10(v1-6)/11 ≦ v2 ≦ (100/94)v1