スタンダードタイプ 10,000km毎 イリジウムタイプ 100,000km毎. 作業時間.

今回はプラグの交換時期や工賃費用について書いていこうと思います。 車って本当にメンテナンスにお金がかかります。 プラグぐらいなら自分で交換するという方も多いかと思いますが、プラグ交換する時は専用工具が必要です。 工賃費用の目安を載せておきますので参考にしてください スパークプラグ(点火プラグ)とはエンジンの燃焼室に設置され、ガソリンと空気を一定の比率で混ぜた混合気に点火を行う動力のきっかけになる装置:先端部分が「イリジウム」や「白金」などの商品の種類、適切な交換時期や大手カー用品店に依頼した時の工賃など紹介。
スパークプラグはガソリンエンジンを点火させて動かすパーツで、火花を出すための重要な部品です。定期的な交換が必須で、消耗品として交換する以外にも高性能なプラグに替えたりする人もいます。以前はプラグ交換と言えば、ディーラーでなくても自分でも整備 brzでプラグ交換をしようと思い、ディーラーに電話をかけ確認した所、プラグ4本で31500円(工賃別)だと言われました。これは高いでしょうか。 1本、2,300円ではなかったかな? 交換するなら、お好みに合ったタイプのプラグがおすすめです。 快適な走りで低燃費なプラグならTWO Tops、長寿命・低燃費・加速力アップを求めるお客様にはイリジウムタフ、走りにこだわるけど燃費も気になるお客様にはイリジウムパワーをおすすめします。 スパークプラグ交換. スパークプラグはガソリンを燃焼させるために点火を行う部品です。 交換の目安.