ボイラー技士2級・1級・特級の資格試験の難易度や合格率などを紹介します。過去問、実技講習の内容、仕事内容、合格発表から免許申請の方法、年収や給料、受験資格、おすすめのテキストや参考書や勉強時間、申し込み方法、将来性などをまとめました。

この記事では2級ボイラー技士の合格率とキャリアアップについて解説しています。2急ボイラー技士の需要の解説から、資格取得の労力に見合う資格であることを説明しているので是非参考にしてください。 一級ボイラー技士を受験するには二級の資格が必要ですが、二級取得後に2年以上ボイラーを扱った経験がある、あるいは1年以上ボイラー取扱作業主任者としての経験がなければ、一級の試験に合格しても資格を得ることはできません。 こんにちは、イナズマです⚡️@inazuma_zuma 今回から数回に分けて独学で二級ボイラー技士試験に合格できるような、まとめ記事を書いていこうと思います。 ボイラー資格とは何かはこちら→時代遅れ?ボイラー技士資格の現在における有効性を解説!
以上、ボイラー技士試験の難易度の違いについてみてきましたが、各区分ごとの難易度は特級は別格で難しいですが、1級と2級では合格率という面でみた難易度はあまり変化がありません。 2級ボイラー技士の資格を取得するためには【ボイラー実技講習】と【筆記試験合格】の両方が必要です。本記事では先にボイラー実技講習を受けてから2級ボイラーの試験に臨むべき理由について解説してい …