1位:時代に乗ったトレンドタイプ・・・505. 今回は、リーバイスの501と511の違いを知らないあなたのために、それぞれの特徴を比較しながら紹介していくぞ。 簡単に説明しておくと、リーバイスの定番中の定番が501で、近年新たに定番化されて人気になったのが511って感 … リーバイス501-501 / lvc1966年モデル リーバイスの古着は、以前にジャストサイズ・ジャストレングス以外は手放してしまったということがあり、ベルトをして履く用に2サイズアップを選んでいます。 66501( W34×L32 ) ジーンズの原点であるリーバイスの代名詞が501であり、ボタンフライ、伸び縮みしやすく穿く人にフィットする生地(Shrink to Fitの概念)という特徴をもった歴史ある型番です。 1955年頃に製造されていた501が「55501」です。 5位:清潔感ある好印象タイプ・・・510 リーバイスの種類. この3つの特徴を知っているだけで、リーバイス501だけではなく、ジーンズが世界中で愛されるようになった理由も知ることができるはずです。 では! 1.501はなぜボタンフライなのか? 501の特徴でパッと見ていちばんわかりやすいのが「ボタンフライ」です。 4位:男らしさのあるパワータイプ・・・503.

3位:上級者感のあるマニアックタイプ・・・517. 2位:安定感抜群のバランスタイプ・・・501. 定番の501をはじめ、主に”5”から始まる3桁の型番で分類されています。 しかし、廃番ももちろんありますし、同じ501でも年代によって微妙にシルエットが違ったりするそうです。
現行501のモデルの各部実寸値から、シルエットの特徴などについての考察を行いました。モデルによって、同じ表記サイズでも、実寸のウエストや他の部分のサイズがモデルによってかなり異なることが … リーバイスのジーンズ(501)のサイズはジャストを買うべきなのでしょうか? 私はウェスト78cmでW31を着用していました。しかし、それだとジャストすぎて 何か下半身が細い印象があるので、少しゆったり穿きたいと考… リーバイスモデル別ランキング.