それが、ロッドである。テンヤを機敏にシャクるためには、ある程度コシ(反発)のある、シッカリしたロッドが必要不可欠だ。良くある、先調子の柔らかいロッドでは「シャクってるつもり」で、実際は、テンヤに力が伝わっていない。 まずはロッド選び。どうせならパワフルなロッドを! 1番のキモ!リール選び。 peラインは8ブレイド一択!それは何故か… ベイトタックルが活きるルアーを選ぼう! 次回は実釣編! ロックフィッシュ専用ロッドの中では珍しい食わせを重視した非常に柔らかいベイトロッドです。xulという柔らかさながら12gまでのルアーに対応しており、不意の大物に対抗するパワーも兼ね備えています。 ノリーズ ロックフィッシュボトム rpo78mh

柔らかいベイトロッドが・・・僕は、今、トラウトに熱中しています。そして、バス釣り用のNEWバスワンXTと言うベイトがあるので、柔らかいベイトでトラウトに挑戦しようと思います。10000円くらいで、UL~Lくらいのベイトロッドさがしてます。回答お願いします! シーバスゲームにおいてはルアーのチョイスだけでなくロッドの選択も重要であり、フィールドに適した選択が必要です。今回はシーバスロッドのおすすめ商品を紹介するとともに、利用シーンやロッドの調子、硬さなどのあらゆる方向から選び方を解説します。 (シマノのロッド表記はわかりにくいので) ついでに他の数字についても記載しておきます。 一番左の頭についているアルファベットまたは数字は、スピニングロッドかベイトロッドの区別を表しています。(下1桁の3や4や1や2がパワー表示) ロッドのしなりを活かしてしゃくる事が多いため、比較的柔らかいが、張り(反発力)の強いベイトロッドとなっている。 ライトジギング: 通常のジギングロッドを柔らかくした感じが適している。スピニング・ベイトロッド共に販売がされている。