中小企業の社長の平均年収は? 中小企業はオーナー企業が多いので、社長独断で報酬を自由に決められる場合もあります。 また、会社と社長の立場をはっきり線引きせず、業績がよければ多くの報酬を社長に支払いをし、将来の不測の事態に備える傾向にあります。 従業員数1000人未満の会社を中小企業と定義し、その部長の年収を賃金統計調査より算出してみました。 平均年収:766万円 平均賞与:177万円 平均給与:49万円 となりました。 中小企業の部長では平均年収は 1000万円に届かない という状況になりました。 他の役員を含まない社長の平均年収が出ているのですが、これは逆に母数が少なく、かつ中小企業の中でも、いわゆる中堅企業、場合によっては上場企業も含まれるデータ、私の印象としてはトップ10%企業の平均データです。 中小企業の社長の年収、こんな決め方はng! では中小企業の社長の年収は、どのように決めればいいのだろうか。まずは、「よくある間違い」を挙げておこう。 生活費をベースに給与を決める 中小企業の社長の年収をランキングにしてみると、どのような結果になるのでしょうか。 日本の企業のうち、99.7%は中小企業 。 年収と資産によるお金持ちの定義一覧; 学生の月々のアルバイト平均収入; 主婦の月々のパート平均収入; 老後の生活費はどのくらいかかるか? 4人家族が一生の間に納める税金は? 大企業・中小企業の社長の平均年収 年商4億で従業員数10人前後の中小企業の社長はどのくらいの給料を月に取ることが可能ですか?また中小企業でこの従業員数に対しての売上はレベル的に良い方ですか??業種次第でしょうが、従業員が10名前後であれば、4億円はかなり良いん 中小企業の社長の平均年収は、一般社員の平均年収ランキング1位の企業よりも低いのです。 中小企業の社長の年収ランキング. 企業といっても大中小様々ですから、各社長の収入状況も様々ではあるでしょう。ただ中小企業の社長でも平均年収は1,500万円ほどと言われていますから、やはりそれなりのステータスはあると言えます。