休日となっている1月12日の祝日(成人の日)に出勤させましたが、同じ週の日・土は休ませています。 祝日の出勤にも、休日出勤手当(125%)を支払っていますが、法的には週40時間におさまっていますので、休日出勤手当は不要ではないでしょうか。

なお、休日出勤が半日で済んだ場合の振替休日、代休については特に法的な定めはないため、代わりの休日はやはり半日としても問題ありません(ただし、その場合でも代休であれば割増賃金分の支給は必要となります)。 休日労働に対する割増賃金(休日手当)とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。休日手当の不払いでお困りの方のお役に立てば幸いです。 パート従業員も、労働基準法で定められたルールに基づき、一定の時間を超えて働いた場合、または休日に働いた場合には、通常の時給に割増増賃金を加えた残業手当または休日出勤手当が支給されます。それでは、どんな場合に残業手当や休日出勤手当が支払われるのでしょうか?

祝日や土曜日などの会社休日。せっかくの休みですからしっかり休みたいところです、やむを得ず出勤せざるを得なくなってしまう場合もありますよね。 多い場合だと毎週二日の休みのうちどちらかは出勤しなくてはいけない状況になっている・・・