また公的年金等に係る雑所得以外の所得に係る合計所得金額が1千万円を超え2千万円以下である場合には一律10万円、2千万円を超える場合 には一律20万円が見直し後の公的年金等控除額から引き下げられ … 住民税は、所得に応じて、県に納める税と市に納める税と、均等割といい、一律納める税があります。 公的年金等控除は所得控除の一種です。控除額は他の所得控除項目より優遇されており、これがあるので年金の税金はかなり抑えられています。年金の税金の計算方法や年金受給者の確定申告不要制度についても分かりやすく解説しています。 公的年金等の受給額が400万円以下; 公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下; の場合は、確定申告が不要です。 住民税の計算. ②給与所得控除・公的年金 等控除から基礎控除への振替に伴い、給与・年金の両方を有する者に負担増が生じないよう所得金額調整控除を措置。 ⑵基礎控除を10 万円引き上げる(給与所得控除・公的年金等控除から基礎控除への振替。