法定福利費とは、会社(個人事業主)が負担する健康保険料や厚生年金保険料、介護保険料などの社会保険料や、雇用保険料、労災保険料などの労働保険料のことをいいます。社会保険料や労働保険料の仕組みをしっていないと正確な仕訳を計上することができません。 労働保険を概算で支払ったとき、全額を法定福利費(借方)で仕訳し、以降、雇用保険料を毎月給与から天引きの都度、法定福利費の貸方に計上する、というやり方は許されるでしょうか。立替金勘定を使う方法は、なにやらややこしいので・・・。 「労働保険料の支払取引」について「法人税法上で規定されている会計処理方法」を採用した場合における 『確定保険期間に係る「立替金」と「預り金」の相殺』に係る「会計処理」及び「仕訳」』を、以下の事項に従い、ご紹介させて頂きま・・・ ( 3 )ポピュラーな会計処理とその検討 労働保険料の会計処理については、概算保険料の計上をどうするか(費用(法定福利費)計上か資産(前払費用)計上か)、概算保険料に含まれる雇用保険料被保険者(従業員等)負担分をどうするかということがポイントとなるのが一般的です。 労働保険料の会計処理について、紹介しました。 このおススメの方法ですと、毎月の仕訳で労働保険料の会社負担分が法定福利費へ計上されることで 労働保険料の会社損益への影響を月次ベースで適切に記 …

立替金と仮払金は「後で」返したり「後で」精算したりするなど、一度仕訳を起こした後でもう一度仕訳を起こす必要がある点で共通しています。ここでは立替金と仮払金それぞれの使い方を解説しながら、相違点を顕著にしていきます。 立替金の仕訳辞典。立替金の定義・意味・意義や決算書における位置づけなど詳しく解説しています。よくあるq&aもあるので実務で困った際にも。経理プラスの仕訳辞典で勘定科目を理解しましょう。 労働保険料の仕訳: お名前:なつみ: カテゴリー:会計・経理 知恵袋: 質問日:2014年9月1日: 7月決算法人なのですが、労働保険料の仕訳で悩んでいます。 社員への給与支払時に雇用保険の天引き分を立替金で処理しています。 労働保険料の仕訳には 様々なパターンがあります 。; 労働保険料の仕訳が 法人税基本通達に従っている場合には大きな問題はありません 。; ただし、あなたの会社の 決算期によっては仕訳方法によって節税対策ができる可能性があります ので、本記事で確認してみてください。 労働保険料の仕訳方法は会社により様々です。法人税基本通達に従っていればokですが、正確な納税をする上で管理上問題がある仕訳もあります。また、決算期によっては節税対策を講じることも出来ます。 弊社は、概算時の労働保険料の仕訳を、----- 立替金(雇用保険料) / 現金預金 保険料(労災保険料) /-----と処理しております。 上司から指示を受け、その通りに処理をしておりました。 立替金と仮払金は「後で」返したり「後で」精算したりするなど、一度仕訳を起こした後でもう一度仕訳を起こす必要がある点で共通しています。ここでは立替金と仮払金それぞれの使い方を解説しながら、相違点を顕著にしていきます。 立替金がマイナスになってしまったのですが、 下記の解釈で正解なのでしょうか。 どなたかご指摘お願いします。 労働保険料は前納制度のため、そのうちの雇用 保険分は経理上、立替金として発生して、その後、 毎月の給与を支払うときに相応の額を各社員