骨転移をきたした子宮体癌の4例 高水 藍, 鈴木 千賀子, 河野 彩子, 竹田 純, 中原 万里子, 濱村 憲佑, 上山 和也, 窪 麻由美, 白井 洋平, 田嶋 敦, 野島 美知夫, 吉田 幸洋 順天堂大学医学部附属浦安病院産婦人科 骨盤外の臓器へ遠隔転移する例としては、肺や肝臓、大動脈リンパ節、骨などが挙げられます。 骨盤内への転移. 平成30年5月1日がん告知を受けてはじめました。 日記として書いています。前向きに考えるために‼ 闘病生活にヨロコビを 笑顔で過ごせるように‼ 骨転移に対する治療では、症状を緩和させることが重要となる。症状緩和を目指した治療は、表1に見られるように非常に幅広いが、がんそのものの治療はもちろんのこと、痛みの治療や骨折の予防と治療が主な目的となる。 以下では、骨盤内へ転移した際の子宮がん・卵巣がんの特徴と、主な治療法について紹介しています。 子宮がん. 子宮体癌ブログ. 所再発,リンパ節転移,肝・肺・骨などの血 行性転移を合併すると報告されている5,6)。 子宮体癌転移例の治療法は多岐にわたって おり,現時点において明確な治療方針は決ま っていない。方法としては手術療法,放射線 子宮の内膜に発症する子宮体癌も、膀胱や直腸など、子宮頸癌と共通した転移先がありますが、 肝臓・肺・脳といった遠隔転移も少なくありません 。また、骨盤などの骨自体にも転移することがあります。 子宮を残す手術を受けたときは子宮頸部に、子宮を切除したときは膣を切除した端の部分(断端)のほか、膀胱や直腸、骨盤内のリンパ節や骨盤壁などに起こります。遠隔転移しやすい場所は、肺、肝臓、骨盤から大動脈リンパ節、骨、脳になります。 所再発,リンパ節転移,肝・肺・骨などの血 行性転移を合併すると報告されている5,6)。 子宮体癌転移例の治療法は多岐にわたって おり,現時点において明確な治療方針は決ま っていない。方法としては手術療法,放射線 また、子宮周囲の膣壁や直腸、膀胱、リンパ節などにも多く発生します。 遠隔転移する場合は、肺、脳、骨への転移が多くみられます。肺は、血液が流れて行く先なので、がんが転移しやすいのです。