子宮筋肉腫は子宮筋腫同様に子宮筋層内に腫瘤を形成し、超音波検査やMRI、CTでも時々子宮筋腫同様の所見を示すため子宮筋腫との鑑別が難しい場合がある悪性腫瘍です。 ところで、骨肉腫という病気がありますが、これは骨のガンといわれますね。 子宮筋腫は良性? 悪性? 結論から言うと、子宮筋腫は良性腫瘍だ。増殖スピード、形状、浸潤の判断基準からみて問題はない。細胞が膨らむように大きくなった腫瘍であり、転移する可能性や、切除などの手術後に再発する危険性も低い。 MRI所見:超音波所見と同様に,子宮底部 に多嚢胞状で充実成分も多い直径19×10× 16cmの骨盤内腫瘍を認めた(図2)。 細胞診:子宮頸部細胞診ならびに子宮体部 細胞診は陰性であった。 入院時検査:血算,生化学検査などに異常 所見はなかった。 左は子宮摘出前、右は子宮摘出後。 図1 骨盤MRI T2強調画像(①冠状断像、②矢状断像) 子宮後壁の子宮筋層内に20mm大の等信号の腫瘤を認めた。 図1-① 図3 子宮肉眼所見 子宮内膜には異常なく、子宮筋腫は後壁筋層内 にとどまっていた。 mri検査は、見られる・恥ずかしいといった部分を解消し、さらに病気の検出においても子宮内膜症や卵巣嚢腫などの良性のものから悪性の子宮・卵巣がんまで幅広く発見できる精度の高い検査でもあります。 子宮筋腫に酷似している「子宮平滑筋肉腫」! 子宮平滑筋肉腫は、良性腫瘍である子宮筋腫の症状に酷似しているのが特徴。 つまり、良性か悪性かの判断が難しく、安全を考慮し「悪性度不明な平滑筋腫瘍」として手術が優先される事も珍しくありません。 左は子宮摘出前、右は子宮摘出後。 図1 骨盤MRI T2強調画像(①冠状断像、②矢状断像) 子宮後壁の子宮筋層内に20mm大の等信号の腫瘤を認めた。 図1-① 図3 子宮肉眼所見 子宮内膜には異常なく、子宮筋腫は後壁筋層内 にとどまっていた。 子宮前壁筋層内にt2wiで高信号部位を含む子宮筋腫あり。 水腫様変性、浮腫の強い変性子宮筋腫と診断されました。 症例 40 歳代の女性。婦人科検診で子宮に異常を指摘され mri で精査。 子宮筋肉腫は子宮筋腫同様に子宮筋層内に腫瘤を形成し、超音波検査やMRI、CTでも時々子宮筋腫同様の所見を示すため子宮筋腫との鑑別が難しい場合がある悪性腫瘍です。 ところで、骨肉腫という病気がありますが、これは骨のガンといわれますね。 疾患のポイント:子宮筋腫は婦人科腫瘍のなかで最も頻度の高い腫瘍であり、30歳代女性の20~30%、40歳以上の40%にみられる。昨今の晩婚化により妊娠して産婦人科を受診し発見されることも多い。症状としては不正出血、過多月経、月経痛、腫瘤触知などがある。

子宮筋腫は悪性化はしないが、稀に筋腫か腫瘍か判断し辛い場合がある。 ... MRIにて悪性の所見がなく、腫瘤径が8cm以下であり、症状がなく、筋腫の増大傾向を認めなければ、6カ月毎の定期検診で十分な … である子宮平滑筋肉腫を疑うべきmri所見を表8に示す3). また,T2強調像とダイナミック像の変化をパターン化してみると,T2強調像でタイプ 4(腫瘍内部に低~高までが不均一に混在)の29%が悪性腫瘍であり,さらにT2強調像で

目次1 子宮筋腫(uterine myoma/leiomyoma)1.1 診察の順序は?2 子宮筋腫の画像所見2.1 MRI所見(典型例)2.2 粘膜下筋腫の画像所見は?2.3 漿膜下筋腫の画像所見は?3 関連記事はこち …