円錐切除手術は、病理検査も兼ねた手術です。 手術を受ける前、「子宮頸部腺がん」の疑いがあると言われていました。 そして手術の検査の結果、病理検査をして「子宮頸部腺がん」が確定されました。 浸潤は1,2m、広がりは2mm。 子宮頸がんの要精密検査のお知らせが届いてから、精密検査のできる大きい病院へ行き、精密検査をしてもらいました。その2週間後くらいに予約を入れ、結果を聞きに行ってきました。(電話では教えてくれませんでした・・・当たり前か笑)※去年の秋冬くらいの 子宮頸がん検診でlsilという結果の意味についてわかりやすく解説しました。 検診結果で精密検査なら何%の確率でガンと診断される? 子宮頸がん検診結果で精密検査を受けたら何%の確率でガンと診断されるのでしょうか?詳しく解説しました。 子宮がん検診の結果は、郵送されるケースもあれば、検査を受けた病院の受付で診断結果の文書を渡されるケース、診察室で医師から説明をされるケースなどいくつかの通知方法があり、検査機関によって異なります。 子宮頸がんは稀とはいえ、検査で「前がん状態」や「初期がん」が見つかることもあります。早期発見は、おなかの赤ちゃんと妊婦自身を守ることにつながり、母子健康手帳の交付を受けた人は補助を受けられるので必ず受けましょう。妊娠・出産のサポートサイト「プレママタウン」 子宮頸がんの検査結果を知るには. 日本予防医学協会が受診者様、健診ご担当者様にご報告している【検査結果】に関するご説明です。 受診者様宛の健康診断レポート; 健診ご担当者様向けの健康診断レポート控え(個人通知) 健診ご担当者様向けの健康診断結果報告書、要管理者一覧表、受診者一覧表(ホチキス止めしてある�