労働保険の喪失手続(退職時の雇用保険の手続き) (労災保険は退職しても特に手続きは必要ありません。 Ⅰ必要書類の作成 . 離職理由、喪失原因と離職区分の関係と添付書類は上図または ダウンロード(pdf) をご覧ください(管轄のハローワークによって異なる部分があると思います)。 雇用保険被保険者証と離職票のサンプルは ハローワークインターネットサービス「雇用保険の具体的な手続き」 をご覧ください。 退職すると、退職した会社から「離職票」が送られてきます。辞めた会社から送られてきたものなんて、いらないから捨ててしまおう…と思うかもしれませんが、ちょっと待って!離職票はいらないと思っている方、とてももったいないことをしていませんか? 離職票の退職理由には要注意! 以上が退職時に会社からもらう書類となります。 ちゃんとした会社ならこちらから何も言わなくても用意しているはずですが、小さい会社だったりブラック企業の場合は書類を揃えてもらえない可能性もあります。 離職票. 労働協約等制度の内容がわかる書類.

会社が離職票を作成する際、ハローワーク等で退職願や退職届けが必要になるのでしょうか? 補足 ご意見ありがとうございます。 会社が勝手に会社都合退職から一身上都合退職にはできないということで … 3 の (4) 移籍出向 会社から離職票を受け取る. 従業員が退職した場合、会社側では退職した人の、”雇用保険の資格喪失”手続きをしなければなりません。 これは、退職した人の転職先の決定とは関係なく、退職の翌日から10日以内の手続きが法律で義務付けられています。 離職理由、喪失原因と離職区分の関係と添付書類は上図または ダウンロード(pdf) をご覧ください(管轄のハローワークによって異なる部分があると思います)。 雇用保険被保険者証と離職票のサンプルは ハローワークインターネットサービス「雇用保険の具体的な手続き」 をご覧ください。 ※①及び②ともに電子添付書類(PDF)として送信していただくことが出来ます。 算定基礎届 被扶養者(異動)届 電子添付書類 (PDF) 以下のいずれかのコピー ・退職したことにより被扶養者になる場合 「退職証明書または雇用保険被保険者離職票」 延長理由を証明する書類 (医師診断書、母子手帳など。定年退職の場合は不要です) 雇用保険受給資格者証; 離職票-2(離職票-1は受給期間延長手続きには不要な書類です。) 印鑑(スタンプ印は不可) 預金通帳またはキャッシュカード 離職票1と離職票2で構成されている書類となっていますね。 何に使われる? 退職した社員・パートが失業手当を受給するのに必要な書類になります。失業手当の計算のために退職前の給与や退職理由などの記載事項がありますね。 離職証明書とは、社員から退職の申し出があった場合に、会社が退職手続きを行うにあたり必要となる書類のひとつです。 今回は、人事担当者が必ず知っておかなければならない離職証明書について、申請書の描き方や添付書類など具体的な手続き方法も解説します。

従業員の退職時にハローワークに提出する書類の一つに「雇用保険被保険者離職証明書」があります。雇用保険の基本手当の手続きに欠かせない重要なものです。今回は、そんな離職証明書の取り扱い方について、書き方や提出時の注意点などをまとめてご紹介します。 就業規則がない場合の定年10人未満の会社では就業規則がない会社が多いと思いますが、このような場合、定年退職として離職票を書く場合はどのような書類が必要になるのでしょうか?定年が就業規則ではなく、慣習による場合でも、何か書面を作成しなければいけないのでしょうか? ①雇用保険保険被保険者喪失届 ②添付書類として 労働者名簿、タイムカードや出勤簿、賃金台帳、雇用契約書、退職願、辞令、 企業は従業員が退職するときは「雇用保険被保険者資格喪失届」を所轄のハローワークに提出し、雇用保険から外す手続きをしなければなりません。今回は、「雇用保険被保険者資格喪失届」の書き方や提出方法、添付書類など、手続きに必要な注意点についてご紹介します。 退職後すみやか(通常は退職後10日以内)に、離職票を会社から受け取ります。 離職票を入手したら、まず記載内容のチェックをします。 特に賃金額は要チェックですので、保管しておいた給与明細書と見比べてみましょう。 「退職」とは、使用者との労働契約を終了し退社(離職)することをいいます。退職の事由には、大きく個人の都合によるケースと使用者の都合によるケースの2つがありますが、それ以外にも社内規程による定年退職のケースや労働契約による期間満了に伴うケースがあります。 恒常的に事業所の制度としてある早期退職優遇制度や選択定年制度に応募した場合、会社における特定の事由による退職慣行等の理由により離職した場合がこれに該当します。 就業規則.