各種漢字表に盛り込まれた文字種を、データ化しました。 あわせて、「当用漢字表」「当用漢字字体表」を、ファイルにまとめました。 常用漢字 「一般の社会生活における、現代国語表記上の漢字使用の目安」として、1981年10月1日に内閣告示された、「常用漢字表」に盛り込まれた1945字。 2010年に改定された2,136字の字種からなる常用漢字です。丸括弧内は、いわゆる康熙字典体(旧字体)です。 1981年版に対し、196字の追加、5字の削除、33字の読みの変更が行われました。 きれいな字を書きたい人に好評の楷書・行書・草書がすべてそろった筆順・字体字典第三版。 常用漢字2,136字と人名用漢字や旧字体など822字、計2,958字にペン字による楷・行・草の筆順を明示。 常用漢字を含む2,669字に毛筆による楷・行・草三体を付す。 改定した常用漢字 文字コード表(⇔ 旧常用漢字 ) 改定した常用漢字で新字体と旧字体がある漢字の一覧です。 青色の字 は旧常用漢字に追加された漢字、 赤色の字 は改定した常用漢字にて削除された漢字になります。 U:に続くのがUnicode(UTF-16)、S:がShift_JIS、E:がEUC-JPの文字コードです。 常用漢字表のカッコ書きの旧字355組357字のうち、当用漢字表に収録されていた旧字195字だけを子供の名づけに認める、という妥協案です。昭和56年10月1日に常用漢字表は内閣告示され、「社」は常用漢字になりました。同時に「社」は人名用漢字になりました。 これは『通用規範漢字表』とセットで使うもので、『通用規範漢字表』に収録の3120字に対して、繁体字計2574字(2546組)、異体字計1023字(794組)の字体が示されている。 また、常用漢字の新字体に対して、そのもとの文 字 (いわゆる旧字体 ) 。 《校正での意味》 表外漢 字 (常用漢字表にない漢字 ) で、略字・俗字でない正統とされている文 字 (おもに康煕字典体 ) 。