横浜市コールセンター. 午前8時から午後9時まで(年中無休) 横浜市コールセンター 電話:045-664-2525.

子どものいる家庭にとっては医療費は馬鹿にならない存在。どこに住むかによって助成内容が変わるのなら、少しでも有利な自治体を選びましょう。ここでは神奈川、埼玉、千葉の事情を見て行きます。 q&aよくある質問集で調べる. 横浜市では、 小学3年生までを対象に行っていた子どもの医療費助成 について、今月(2017年4月) 1日から小学6年生にまで拡大 するとともに、 4年生から6年生については通院1回につき500円を負担 する形 … 新百合ヶ丘周辺にお住まいの川崎市民の方は一度確認を。川崎市の小児医療費助成事業の制度内容の一部が拡大され通院医療費の助成対象年齢が2017年4月から小学校6年生になりました。また、中学生も入院の保険医療費の自己負担額が助成の対象になりますので改めて確認してみてください。

東京都は中学生までの子どもは医療費全額無料だそうです。それに比べ、横浜市は所得に関係なく無料なのは0歳だけ。分娩時のタクシー券や家事補助券など支給している自治体もあり。どうして差があるの?

東京都では中学生までの子どもは医療費全額無料なのに対し、横浜市は所得に関係なく無料なのは0歳のみ。地域によってなぜ差があるのか? 横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査し … 小児医療費助成事業 ここで紹介しているのは、原則として2019度の制度内容です。 情報は各自治体へのアンケートをもとに作成していますが、一部、各自治体のホームページ等に基づき、不動産ジャパンが編集・転載したものを含みます。 横浜市役所 〒231-0017 横浜市中区港町1丁目1番地 法人番号:3000020141003. 開庁時間 所在地案内.