個人事業主の中には源泉徴収義務者とそうでない人がいます。今回は源泉徴収義務者とは、源泉徴収義務者に該当する人・しない人の基準、該当する場合に必要な届出、源泉徴収しなかった場合の罰則についてまとめました。法人成りした一人社長も義務があるので注意してください。 1 源泉徴収が必要な報酬・料金等の範囲. 特定口座とは、証券会社に開設する口座のことで、株の売却損益や税金計算の手間を省いてくれるというメリットがあります。特定口座については「源泉あり」「源泉なし」のいずれかを選択したかなどで、確定申告をすべきか否かが異なります。 法人の申告上、ちゃんと売上計上していれば、疑われても. 源泉徴収が必要な報酬・料金等の範囲は、その報酬・料金等の支払を受ける者が、個人であるか法人であるかによって異なっています。 (1) 報酬・料金等の支払を受ける者が個人の場合の源泉徴収の対象となる範囲 源泉徴収せずに請求額をそのまま支払えば大丈夫です。 支払先が税理士だと源泉徴収が必要と考えてしまいがちですが、相手が法人であれば源泉徴収の必要はありません。 税理士法人は源泉徴収不要 とおさえておくと間違うことがなくなります。 法人名義の口座を作成されることをおすすめいたします。 源泉徴収されるような売上入金の場合、個人口座名義では. なんら問題はないのですが.

フリーランスが株の口座を作るなら特定口座(源泉徴収あり)がおすすめなのですが、そのメリットとデメリットをきちんと理解しておきたいと思います。源泉徴収はいつのタイミングで行われているのかも気になるポイントですが、引かれた源泉徴収は、一般口座と できれば ややこしいことをせずにすむように.