「龍」という漢字の部首・画数・読み方・人名読み・筆順(書き順)・意味・Unicode(ユニコード)などを掲載しています。 漢字のへんやつくりに着目し、同じ部首の漢字をまとめて覚える。 さんずいは水に、草冠は植物に関係するものなど、部首を意味の手がかりとして覚える。 <達成目標> この活動を通じて、漢字の偏やつくりの形や名称、意味を覚える。

「刂」という漢字: 漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。 (「刂」は常用漢字外です。「刂」は部首です。) 成り立ち、読み方、画数・部首解説: 意味 ※「刀」が字形の右側に置かれる時になる形。 ①「かたな」 意味 : 草木に関する漢字に用いられる。 例 : 乳、乱 1~10 11~20 21~29 構造別一覧 偏(へん) 旁(つくり) 冠(かんむり) 脚(あし) 構(かまえ) 垂(たれ) 繞(にょう) 漢字部首大事典トップページへ 意味 : 口をあける動作に関する漢字に用いられる。 例 : 歌、欧、欲、歓、次 さんづくり 部首 : 彡部 意味 : 形を変えることを表す漢字に用いられる。 例 : 彫、彰、影、形、彩 るまた 漢字の学習方法の3回目です。 記憶の方法に照らし合わせると、イメージ化が大事。意味を持っているのは部首なので、部首の意味がわかればイメージ化できる。 だから、部首の意味を説明しよう、部首の意味の一覧を作っておこうというのが、今回の企画。