贈与税申告の添付書類をご紹介!戸籍謄本や戸籍の附票、住民票の写しや登記簿謄本の取得方法もご案内します。相続時精算課税を初めて適用する際は相続時精算課税選択届出書の提出を忘れないようにしてください。特例を適用する際の添付書類は特に慎重に! 相続時精算課税 選択届出書の添付書類 一定の年齢であれば、贈与税の課税について「相続時精算課税制度」を選択することができます。 ですが、必要書類とされている住所証明書類は、人によっては住所を証明することができない場合もあるのです。
残高証明書等の参考書類は相続税申告書に添付することをお勧めします。 相続時精算課税を選択しようとする受贈者は、選択をしようとする贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日までの間(贈与税の申告書の提出期間)に納税地の所轄税務署長に対して、「相続時精算課税選択届出書」を贈与税の申告書に添付して提出しなければなりません。

相続で必要なのは相続関係を証明する書類です。死亡した方の生まれたときから死亡時までの戸籍謄本と、相続人全員の現在の戸籍謄本です。相続人に該当する方で、すでに死亡している方がいる場合、その方の生まれてから死亡時までの戸籍謄本も必要です。
相続時精算課税適用者の戸籍の附票の写し; いずれの書類も、相続開始以後に作成されたものが必要となりますのでご注意ください。 2.その他参考書類も添付しよう. 相続時精算課税の選択と相続税の申告義務: 4302: 贈与者が年の中途に死亡した場合の相続時精算課税の選択: 4303: 年の中途に推定相続人となった場合の相続時精算課税の適用: 4304: 相続時精算課税を選択する贈与税の申告書に添付する書類: 4305 相続税を申告するときに必要になる添付所書類をまとめてあります。税理士法人日本税務総研のベテランの税理士は、相続人の方に30分ほどヒヤリングを行うだけで、基本的に必要な書類の抽出とリストアップを行います。ぜひ、ベテランの税理士のヒアリングをお試しください。 ②贈与を受けた人の戸籍謄本(抄本) その他の書類で、次の内容を証する書類 相続時精算課税の適用を受ける場合、贈与税申告書に次の書類の添付します. ②~④は贈与を受けた日以後に作成されたものに限ります。 ①相続時精算課税選択届出書 . 相続時精算課税の選択と相続税の申告義務: 4302: 贈与者が年の中途に死亡した場合の相続時精算課税の選択: 4303: 年の中途に推定相続人又は孫となった場合の相続時精算課税の適用: 4304: 相続時精算課税を選択する贈与税の申告書に添付する書類: 4305 相続税申告の際に提出する添付書類は持っている財産や使う特例で人それぞれです。税務署から指摘を受けることなく確実に申告を終えられるよう、必要な添付書類について詳しく解説していきます。(財産パターン別チェックリスト付です。 相続時精算課税制度とは、親から子、祖父母から孫などに行われる贈与について、累計で2,500万円まで贈与税がかからず、相続時にその贈与を精算するという課税方法です。 平成15年度税制改正において創設された制度で、高齢者から […]