税務署でも相続税など税金についての相談窓口があります。相談は無料でできます。 電話でも、直接の面談でも可能です。 税務署への相談での注意点(相続税)相続税に関する相談をしたい場合、どこに相談にいくべきかというのは、非常に難しい問題ということができます。まずは、相続税関連の書物に目を通し、少しでも相続税に関してご自身で理解するよう努めることも重要です。 確定申告に関する情報ページを見る. 詳細はこちら. タックスアンサー(よくある税の質問) 相続税; 贈与税; 財産の評価; パンフレット・手引で調べる. 相続税を申告するときには、どのような書類が必要なのでしょうか。相続税の申告が必要なケースや申告期限など、相続税の基本とあわせて紹介します。また、自分で申告する場合や、税理士に相談する場合の流れも知っておきましょう。 相続税が発生する場合には、死亡日から10ヶ月以内に税務署へ申告と納付をしなければなりません。 この期限に1日でも遅れると「無申告加算税」という罰金がかかります。

相続で財産を取得した者は、その相続の開始があったことを知った翌日から10カ月以内に、税務署に申告書を提出して、納税しなければなりません。 「相続の開始があったことを知った」というのは、被相続人が亡くなった事実を知ったときのことをいいます。 相続税は、税務署窓口で申告相談ができます。 相談できる内容としては、申告書作成や、特例制度の適用要件の確認などありますが、相続税の節税について聞きたい場合には要注意です。 質問のしかたによっては、税務署職員から満足する回 … 相続税の申告について分からない点があるとき、税務署に相談をすると解決できるかもしれません。今回の記事では、相続税の計算や申告を税務署に相談できるかどうかを考えていきます。税務署の窓口は無料で相談を受け付けていますが、控除や節税方法まで説明… 相続税申告の期限に間に合わない!期限に遅れた場合のペナルティ(罰則)は?延滞税や無申告加算税について具体的な日付や数字を使ってご説明します。期限内に申告、納付をして余計な支払いを避けま … 相続税申告書の提出先は、被相続人が死亡した時現在における被相続人の住所地を管轄する税務署となります。一般的には、被相続人の最後の住民票に記載される住所が基準となり … 上記で解説したように、税務署より教えてくれることは基本的な手続きの内容に限られますが、相続人自身で申告手続きを行えるだけの知識を持っている場合には、税理士への相談は不要になると思われます。 相続税に関することで税務署へ相談するケース. 相続税申告書の提出先. 税金を支払いたくないのは誰でも同じです。特に相続税は他の税金に比べて納税額が大きい場合が多く、「このまま申告しなければ…」という思いが頭をよぎる人もいるでしょう。 その場合、必ず税務調査に来られて、申告しなかったことが見つかってしまうのでしょうか?

税務大学校講本で調べる. 今回は、相続税の申告を税務署に相談する場合の注意点について、お知らせいたします。 毎年 3 月 15 日までに提出する所得税の確定申告はご自身で申告されているケースも多いと思います。 また、税務署に確定申告書の書き方のご相談をされた方もいらっしゃるでしょう。 詳細はこちら. 税務署には相続税の相談窓口がある 最寄りの税務署へ電話するか、直接行ってもOK. この記事では、相続税の申告について税務署に相談する場合と税理士に相談する場合のそれぞれのメリット、デメリットについて解説していきます。相続税の申告を行うためには非常に多くの事項を検討しなければならず、それぞれの検討内容も難解なものが多いです。 以後、都内の税務署、東京国税局、東京国税不服審判所において、相続税の調査や所得税の確定申告対応、不服審査業務等に従事する。 2014年に上阪徹氏による「ブックライター塾」第1期を受講したことを機に、ライターを目指すことに。 この相談窓口は、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(平成25年法律第65号)を踏まえ、聴覚に障害のある方などからの国税に関する一般的なご相談に対応するために設置しているもので … 詳細はこちら.