安全運転相談窓口(旧運転適性相談窓口)について ; 安全運転相談窓口(旧運転適性相談窓口)について 都道府県警察においては、加齢に伴う身体機能の低下等のため自動車等の安全な運転に不安のある高齢ドライバーやそのご家族、身体の障害や一定の症状を呈する病気等による症状のため� 適性相談と臨時適性検査に該当. 運転免許の取得や更新時に実施される適性検査とは別に、 適性相談 、 臨時適性検査 というものがあります。 今回私は、 脳卒中(脳出血)を発症 しましたから、最初に運転免許試験場で 適性相談 を受ける必要があります。 脳卒中後に運転を再開するには、医療機関での相談をはじめ、運転免許センターでの適性相談・臨時適性検査を受ける必要があります。運転する際には、慣れた道から少しずつ運転範囲を広げていくなど、無理のない運転を心がけましょう。 脳梗塞になると車の運転はできないのか?いつから再開できるのか? ネットでは情報が錯綜していて分からないことが多かったので、私が実際に「警察署」「自動車講習センター」「保険会社」「ケアマネ」に相談して教えて頂いた内容をまとめておきます。 提出する意思がない場合は、法第102条第4項に規定する臨時適性検査の対象とな り得る者(以下「臨適検討対象者」という )として、臨時適性検査検討対象者発。 見報告書(様式第5号。以下「臨適発見報告書」という )により運転免許課長へ。