賃金構造基本統計調査の数値の妥当性について[576kb] 令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況 ; 平成30年賃金構造基本統計調査 結果の概況 ; 平成29年賃金構造基本統計調査 結果の概況 ; 平成28年賃金構造基本統計調査 結果の概況 階級層とも増加している。また、勤続年数は、男性13.8年、女性9.8年となっている。(第2 図、第2表) 第2図 性、年齢階級別賃金 0 0 0 0 0 0 ~19 20~24 25~29 30~34 35~39 40~44 45~49 50~54 55~59 60~64 65~69 70~ (千円) (歳) 男 7 女 8 令和元年 55 平成30年の女性労働者の全年齢平均賃金は3,826,300円でしたので,53,700円増額しています。 令和元年賃金センサス年収額表 参考資料として,上記の計算方法で算出した令和元年賃金センサス年収額表を掲載いたします。 男女計 賃金構造基本統計調査の一括調査を希望する企業の募集について(一括調査のご案内) 一括調査のポイント 【令和2年度募集終了】一括調査の申請はこちら (調査をお願いする事業所・企業の皆様へ) 令和2年から賃金構造基本統計調査が変わります!

令和元年の賃金センサス年収額表については,上記コラムを参照ください。 家事従事者の基礎収入と平均賃金 家事従事者の休業損害や逸失利益の算定においては,女性労働者の全年齢平均賃金を基礎収入として計算するのが一般的です。