WordPressで何らかのトラブルがあった際、その原因を探る手がかりとなるのがエラーコードです。今回はエラーコードの表示方法と分析方法を簡単に解説しました。 WEBサービス「Gist」を利用したWordPressにプラグインなしでソースコードを表示させる方法を当ブログ管理人「タケ坊」とアシスタント猫「柚子(ゆず)」が丁寧に解説!プラグインは少ないに越したことがないので、無料で使えるサービスは積極的に使っちゃいましょう。 かんたんリンクが表示されない原因. ショートコードの属性値をエスケープする方法. WordPressでテンプレートの中にショートコードを入力したいこともあります。活用法はさまざまですが、たとえば、すべての記事の下にContact Form 7の問い合わせフォームを表示することもできるので非常に便利です。 「テンプレート ショートコード」でネット検索すると「do

表示されない場合があります。 改行などが入ると正しく認識されない場合もあります。 2:テーマがエスケープ処理をしている お使いのテーマがオリジナルのテーマの様ですので ソースコードが確認できないため、何とも言えませんが もしもアフィリエイトのかんたんリンクで作成したコードと、はてなブログからエクスポートしたファイルを見比べてみると、”//

今回は、記事内にソースコードをキレイに表示するWordPressプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」の機能とその使い方をご紹介していきます。ブログ内にソースコードを直接記述したい方は、ぜひ活用してみて下さい。 2019年ブログを本格稼働。 世界一周をはじめとした旅行、趣味、ビジネスについて投稿していきます。 … 本記事では、上記の疑問にお答えしていきます。この記事を読めば、WordPressの見出しCSSコードが反映されない時の3つの原因と対処法について理解することができます。1. この記事では、 WordPressで投稿一覧などで抜粋文が表示されない時の対処法 を紹介します。 投稿一覧で抜粋文が表示されないと、 ページのほとんどが文字で埋めつくされてしまう ことがあります。 これは見栄えがよくありませんよね。 抜粋表示 にして解消しましょう。 [cdata[“や”// ]]>”というコードが追加されています。また改行が3か所入っていました。

WordPressの見出しCSSコードが反映されない時の3つの原因と対処法WordPressの見出しCSSコードが反映されない時の対処法 … [前提]WordPress環境バージョン 3.1.4 分からないこと通常「WordPress.org」の場合プラグインを追加する項目からプラグインの有効化を行い、使用できる状態にできますが、現在使っているWordPressに本来あるはずの「プラグイン」項目が有りません。 これがないと、 exclude(画像IDを指定して表示したくない画像を選択できる) WordPressのショートコードに関するまとめ. 基本的にショートコードの属性値には角括弧([, ])とクォート/クォーテーション(', ")を含めることができない点に注意してください。ショートコードが正常に動作しなくなったりバグに繋がる恐れがあります。