タッチパネル(タッチスクリーン機能)の誤作動について、タブレットpcで絵を描く人は1度は悩んだことがあると思います。 ここでは、タッチを無効化するスイッチが付いていない機種でも使える、ソフトウェアでタッチを無効化する方法について記載します… パソコンのキーボードで文字を入力している際に、親指の付け根当たりが タッチパッドに触れてしまいスムーズい作業が進まないことありませんか?キーボードを入力している時だけ、一時的にタッチパッドを無効にさせ

・タッチパッドボタン. ノートパソコンにはキーボードの手前に四角いタッチパッドというものがあります。これは、マウスを使わないで、タッチパッドを操作することで、マウスと同じ操作が行えるものですが、マウスを使っているのであれば、このタッチパネルが誤操作の発生に繋がります。 もう一度タッチパッドボタンを押すことで、無効化が解除されます。 ・ショートカットキー 「Fn」+タッチパッド無効化のマークが書かれているキー(機種により、異なる)を再び同時押しします。 ・設定画面 当記事ではWindows10のタッチパッドを無効にする方法や無効状態から有効にする方法を紹介しています。Windows10でマウス接続時のみタッチパッドを無効にする方法についても紹介しているので、タッチパッドを無効化しようと考えている方は参考にしてください。 Windows 10 Fall Creators Updateではタッチパッドのジェスチャが超進化しています!高精度タッチパッドに対応したノートパソコンであれば、カスタマイズすればキーボードショートカットをジェスチャに登録することも可能!ぜひお試しくださいね! 最近、コストコでlenovoのタブレット兼ノートPC(ideapad Miix700)を購入したのですが、PC立ち上げ後に毎回タッチパッドを無効にするショートカットを実行していて、その作業が手間なので、PC立ち上げ時に無効の状態としておくことにしました。